忍者ブログ

“楽描堂”と書きまして“らくがきどう”と申します。

   
カテゴリー「よく頂戴する質問」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これまで、電話・メールでよく頂いている質問をあつめてみました。
お忙しい中、ご連絡を頂戴する皆さんのお手間を少しでも省ければ…
そんな気持ちで設けてみました次第です。
ご不明な点、わからないこと等ありましたら、もちろんお気軽にご連絡くださいね。
メールはこちら楽描堂事務局から、ご連絡は011-241-0123(道新)からどうぞ!

*念のための、メールアドレスはこちら→raku_gym@mail.goo.ne.jp





ご質問 「絵が苦手ですが、絵手紙はできますか?」

答え  「いちばん、よく伺う質問がこれだと思います。
     絵手紙は、細密画や西洋のスケッチのように、そっくりそのまま描くのではなく
     よーく見て、自分らしく描く、ということに大切さを置いています。
     絵手紙の創始者といわれている方の有名なことばにも  
     “へたがいい、へたでいい”というものがあります。
     これプラス、苦手だなぁーという気持ちを、ちょっと忘れてみるのも手だと思います。」





ご質問 「教室に入るには、どうしたら?」

答え  「まずは道新文化センター 011-241-0123   にご連絡を。
     楽描堂では“体験・見学”も、よろこんでお受けしておりますので
     ご連絡頂く際には、是非まずは見て、体験して頂けたらなぁーと思います。」



 

ご質問 「生徒さんの数はどの位ですか?」

答え  「道新文化センター教室では
     月曜・金曜クラス共におおよそ20名前後の皆さんです。」

   

 
ご質問 「こちらまで来て貰えますか?」

答え  「こちらもよくお問い合わせ頂いているご質問です。
     これまでも、老人福祉施設・小規模作業所・各企業イベント・小学校・病院等にて
     出張講習をさせて頂いており
     参加した皆さんの笑顔を拝見できるのが何よりの嬉しさです。
     小さなお子さんから、婦人部、高齢の皆様、一般の方まで
     講習内容はご予算・会場・参加される皆さん、また季節等に応じて
     様々いろいろご提案させて頂いています。
     くわしくは、こちら楽描堂事務局まで、お気軽にご連絡ください」



 

ご質問 「地域はどこまでとなりますか?」

答え  「原則、札幌市内とさせていただいています。」



 

ご質問 「絵手紙の展示をしてもらえますか?」

答え  「病院・老人福祉施設・学校、さまざまな場所からのご要望で
     楽描堂絵手紙の壁面展示巡回もさせて頂いています。」



 
PR
  
はじめまして。
HN:
エミママとジムジム たまに西
性別:
非公開
自己紹介:
こんにちは。札幌で活動する絵手紙教室、楽描堂です。絵手紙あれこれ、札幌暮らしのあれこれ、楽描堂の3人がバトンタッチしながらお伝えしています。
 
更新こよみ
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[04/19 Dr.omiko]
[10/29 エミママ]
[10/29 エミママ]
[10/29 エミママ]
[10/29 ノリペー]
 
ご来訪に感謝です。
ふとポストに届く1枚のはがき。

少し癖のある文字、
愛嬌あふれる、ほのぼのとした絵

まるで、その人そのものを
贈られたかのように感じる
あたたかな絵手紙。

ささっと何でも機械がこなしてくれる
こんな時代だからこそ

また、人の手から伝わる想いも
あるのではないでしょうか。


今を頑張る若手さんから
誰より懸命に頑張った時代を経て
自分時間を持った団塊さん…。

30代から、60代、そして80代
集まるのは十人十色の老若男女。

自分の楽しさを見つけた皆さんは
きらきらと輝いているかのよう。

少年少女のような瞳に戻った
大人の部活動のような雰囲気が
いつだって自慢の楽描堂です。


苦手だし、字もねぇー
そんな絵手紙は初めてのかたも

久しぶりにまたやってみたいなぁー
という再挑戦の方も

絵手紙気になるなぁ…
そんな皆さんは是非一度!

いつも和気あいあいの
道新文化センター教室では
いつでも見学、体験が可能。

こまやかな日時等は
道新文化教室さんまで
お気軽にお電話くださいね。

「仲間と輝く自分時間」
道新文化センターHP
http://www.doshin-cc.com/
ブログ内検索
今、ここから出来ること。
とてつもなく心配していること
遠く離れたここ札幌からも
心を寄せ続けていること。

こんな時、何が出来るんだろう。

有志で集めた募金だけでは
伝えきれない想いがありました。

30代も、80代も
みんなで一緒に考えました。

こんな大変な時に
絵手紙なんて意味があるのか

送る時には、頭の中に
何度もそんなことが浮かびました。

けれど、 私たちに今できるのは
はがきに乗せた想いを
この街から飛ばすこと。

そうして描いて、集めた
楽描堂、みんなの絵手紙が
今も各被災地を巡っています。

被災者の皆さまのご支援
被災各地の絵手紙仲間の皆さん
またボランティアスタッフの
皆さまのご尽力もあり

当事務局の心配をよそに
避難所、被災地の各地で
あたたかい言葉を頂戴しながら
被災地を旅する絵手紙たちです。


楽描堂有志による義援金は
日本赤十字社への寄付を。
5月開催の“被災地に贈る絵手紙”
講座収益金につきましては
福島県北海道事務所へ
直接持参してお届けしてきました。

日本という、ちいさな島の国の
おなじ仲間として。
これからも、威張れるような
大きなことは出来ないかも
しれないけれど。ほんの少しでも
何かお役に立てられたら、と
思っています。
Copyright ©  -- さっぽろ絵手紙 楽描堂便り --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]