忍者ブログ

“楽描堂”と書きまして“らくがきどう”と申します。

   
カテゴリー「古き良きもの」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「アンテーク36号線・中央店」の店内では

たっぷりとした笑顔の布袋さまが迎えてくれました。

(ごめんなさ~い!鏡に変な?顔が映りこんでしまいましたT-T )( T-T))





いつの時代かに誰かが大切に使っていた道具の数々…

遠くは江戸時代末期のものや

明治・大正・昭和の時代をくぐりぬけて今~其処にある建具や道具たち。

営々と紡いできた時の流れのなかで

見事に生き抜いて来た品ものたちは

「今もの」には、到底適わない品格のようなものが

厳然として備わっているような気がします。


日本の手仕事の素晴らしさに拍手喝采を送りながら

店内を見させて頂いています。


その昔は銭湯だったと言う「アンテーク36号線・中央店」に

お出かけになって見ませんか?


人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
応援クリックいつもありがとうございます。
PR


いつも大変お世話になっている「アンテーク36号線・中央店」

いつ行っても驚きと発見と感動がいっぱいです!




先日のお教室で「布袋さま」を描かせて頂きましたが

こちらは身丈も横幅もどっしりと豊かなお姿です。




来年の干支の「龍・辰」を発見~~~♪




新潟から札幌へと来て驚いたのは「石炭ストーブ」でした。


子供の頃を過ごした新潟の里山では薪を燃やしていました。

長火鉢・大きな甕なども郷愁を誘います。



座敷を優雅に飾っていた「欄間」


古き良き時代の素晴らしい建具「欄間」を

若い世代の方たちがマンションなどのインテリアに

上手に取り入れて楽しんでいるようです。


人気ブログランキングへ       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
応援クリックいつもありがとうございます。





 



お店の中には並んでいなくても
「組子なんて、あったりする?」 と尋ねると
ほんとうに、今まさに自分が欲しような物があったりするアンティーク36号線中央店です。




建具に入っていた、模様入りのちいさなところだけは、塗りを加えて台所に。
長いところは外して和室につけてみたのでした。

日本ならではの模様って、本当にきれいです。


アンティーク36号線中央店

住所 北海道札幌市中央区南5条東3丁目9  011-521-5391
Eメール info@antique36gosen.com
営業時間 10時~19時 定休日なしの休まず営業中
出張買取宅配買取もいたします。★骨董品の査定は古道具店【36号線】まで


 

       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

応援クリック、いつもありがとうございます。
ブログランキング、 にほんブログ村へもどうぞ。






鉄モノから、古民具、レトロまで

ほんとうに、ありとあらゆる色々がひっきりなしに入っては消えて行く36豊平店さん。



積み上がったあれこれの上に見つけたランプは

真っ白な繊細レースシェードにも、まったくダメージなし!

見つけたときにちょっと興奮してしまった物のひとつです。









猫といぬと、子ども。

この環境の中で、無事でいてくれることを願うばかり。






       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



応援クリック、いつもありがとうございます。

ブログランキング、 にほんブログ村へもどうぞ。



 







先週おじゃました古道具前田さんは

いつも素敵なしつらえで、毎週木曜日に営業しているショップさん。



自宅ショップとして、もう言わずと知れた人気のお店さんは

骨董とよばれるような古い物から、今流行の雑貨まで

玄関から窓辺に至るまで、暮らし方そのものに憧れてしまいます。



何気なく、棚の上に置かれていたオブジェは

いいなぁー、いいなぁー!を連発して

遂にはオーナーさんに譲っていただいてしまいました。



ぬくもりを感じる、どっしり、ちょこん、の風情がいとしげです。






       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



応援クリック、いつもありがとうございます。

ブログランキング、 にほんブログ村へもどうぞ。










ころんとした湯呑み、同じく丸いフォルムの急須には

夏の青空にかもめが飛ぶデザイン。



アンティーク36号線豊平店さんにて。




       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



応援クリック、いつもありがとうございます。

ブログランキング、 にほんブログ村へもどうぞ。




  
はじめまして。
HN:
エミママとジムジム たまに西
性別:
非公開
自己紹介:
こんにちは。札幌で活動する絵手紙教室、楽描堂です。絵手紙あれこれ、札幌暮らしのあれこれ、楽描堂の3人がバトンタッチしながらお伝えしています。
 
更新こよみ
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
[04/19 Dr.omiko]
[10/29 エミママ]
[10/29 エミママ]
[10/29 エミママ]
[10/29 ノリペー]
 
ご来訪に感謝です。
ふとポストに届く1枚のはがき。

少し癖のある文字、
愛嬌あふれる、ほのぼのとした絵

まるで、その人そのものを
贈られたかのように感じる
あたたかな絵手紙。

ささっと何でも機械がこなしてくれる
こんな時代だからこそ

また、人の手から伝わる想いも
あるのではないでしょうか。


今を頑張る若手さんから
誰より懸命に頑張った時代を経て
自分時間を持った団塊さん…。

30代から、60代、そして80代
集まるのは十人十色の老若男女。

自分の楽しさを見つけた皆さんは
きらきらと輝いているかのよう。

少年少女のような瞳に戻った
大人の部活動のような雰囲気が
いつだって自慢の楽描堂です。


苦手だし、字もねぇー
そんな絵手紙は初めてのかたも

久しぶりにまたやってみたいなぁー
という再挑戦の方も

絵手紙気になるなぁ…
そんな皆さんは是非一度!

いつも和気あいあいの
道新文化センター教室では
いつでも見学、体験が可能。

こまやかな日時等は
道新文化教室さんまで
お気軽にお電話くださいね。

「仲間と輝く自分時間」
道新文化センターHP
http://www.doshin-cc.com/
ブログ内検索
今、ここから出来ること。
とてつもなく心配していること
遠く離れたここ札幌からも
心を寄せ続けていること。

こんな時、何が出来るんだろう。

有志で集めた募金だけでは
伝えきれない想いがありました。

30代も、80代も
みんなで一緒に考えました。

こんな大変な時に
絵手紙なんて意味があるのか

送る時には、頭の中に
何度もそんなことが浮かびました。

けれど、 私たちに今できるのは
はがきに乗せた想いを
この街から飛ばすこと。

そうして描いて、集めた
楽描堂、みんなの絵手紙が
今も各被災地を巡っています。

被災者の皆さまのご支援
被災各地の絵手紙仲間の皆さん
またボランティアスタッフの
皆さまのご尽力もあり

当事務局の心配をよそに
避難所、被災地の各地で
あたたかい言葉を頂戴しながら
被災地を旅する絵手紙たちです。


楽描堂有志による義援金は
日本赤十字社への寄付を。
5月開催の“被災地に贈る絵手紙”
講座収益金につきましては
福島県北海道事務所へ
直接持参してお届けしてきました。

日本という、ちいさな島の国の
おなじ仲間として。
これからも、威張れるような
大きなことは出来ないかも
しれないけれど。ほんの少しでも
何かお役に立てられたら、と
思っています。
Copyright ©  -- さっぽろ絵手紙 楽描堂便り --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]